設計・製作・トライ・修理・メンテナンスまで、射出成形金型のことならどんなことでも依頼ください
お急ぎの方はこちらからお電話ください
0120-132-662

金型を修理・メンテする

ホーム > 金型を修理・メンテする

射出成形金型修理
メンテナンスサービス

修理対応、定期メンテナンス、改造、トライなど幅広いご要望に充実の設備と、熟練の技術者でお応えいたします。

宅配による金型のやり取りだけでなく、自社トラック便での引取・納入や出張金型確認などにも対応いたします。

また、射出成形金型以外についても自社対応、および協力工場との連携で対応可能な場合もございます。

金型のトン数につきましても、成形機350tまでが自社の得意領域ですが、協力工場とのネットワークで最大で成形機850tまで対応可能です。

このように、幅広い対応力が特徴になりますので、まずはお気軽にお問合せください。

射出成形金型修理
メンテナンスサービスの特長

全国対応

西は静岡県・長野県、北は青森県まででしたら、トラックによる引取・納入、および、出張金型確認などにも対応可能です。

もちろん、宅配による金型のやり取りなら、全国どこでも対応可能です。

お客様の状況・内容に応じて、最適な方式をご提案いたします。

海外生産の金型・図面なしの金型でも対応可

金型よろず支援ネットでは、国内外問わず、他社で製作された金型保全・修理・メンテナンスも承っております。
図面がなくとも、各種測定機、顕微鏡による現物合わせにも対応可能です。

金型データ、製品データを頂くと、よりスムーズに対応可能です。

最新鋭の溶接機を完備

金型よろず支援ネットでは、TIG溶接機、YAG溶接機を完備しておりますが、中でもALPHALASER社製 AL75 および AL150という高性能なYAG溶接機を持っていることも特徴の一つになります。

YAGレーザーの波長は1.06μmで、炭酸ガスレーザー10.6μmと比べて 1/10のため、熱影響が少なく、反り、変形、ヒケ、硬度ムラなどの心配がありません。

老朽化した金型のパーティング面、喰いきり面の補修に最適です。
出力をコントロールすることで貫通/非貫通の溶接条件を緻密に制御することが可能となります。

各種加工機による形状復元

±1℃で管理された恒温室にて高速マシニングセンターとワイヤー放電加工機を運用しています。
他にも、精密高速ミーリングセンター、NCフライス、放電加工機など、金型補修、復元、改造を実現するための工作機械を豊富にそろえております。

超音波洗浄装置を導入

意外と他の金型補修業者様が取り揃えていない場合が多いのが超音波洗浄装置です。
強アルカリ水溶液を用いて洗浄することによって手の届かない部分の清掃、簡単には取れない焦げつきなどもキレイに洗浄可能です。

協力工場との連携

金型よろず支援ネットを運営するモリヨシ技研は福島県の会社ですが、関東・近畿などの多くの協力工場と密に提携しております。

このため、自社だけではできないような大型の金型、遠方への対応、空きがない時の連携など、協力工場とのネットワークがあるからこそ提供できる迅速さと幅広さが当サイトの特徴です。

その他、ユニフィニッシュによる表面改質(離形性向上)、射出成形機によるトライも可能です。

対応可能な実施内容

対応可能な金型の種類

  • 手作業によるすり合わせ・段差補正
    加工面の磨き(砥石・ペーパー・ペースト)
  • 各種加工機による形状復元・改造
  • YAG溶接機・TIG溶接機による破損部分の肉盛・溶接
  • ラジアルボール盤による、水穴の復元
  • CAD・CAMによる設計・作図
  • 射出成形機による修理後トライ
  • ユニフィニッシュによる表面の改質
  • 各種交換部品・入れ子加工
  • 各超音波洗浄(バラシ洗浄)

対応可能なサイズ・重さ・材質

サイズ 成形機サイズ350tまでが得意領域(850tまで対応可能)
重さ 2tまでが得意領域(10tまで対応可能)
材質
  • アルミ
  • 鉄(特殊鋼)
  • プリハードン鋼
  • 調質鋼
  • SCM
  • S45C
  • S55C
  • NAK
  • スウェーデン鋼
  • 銅合金(ベリリウム銅) など多数

注文からお引渡しまでの流れ

STEP1

金型発送・引き取り

Aお客様から金型発送 B弊社にて運送手配 C金型引取り(2.8t未満)
STEP2

診断・お見積り

お打ち合わせ
製品サンプル・金型から診断させて頂きます
STEP3

着工

金型分解
溶接
機械加工
仕上げ
清掃
組み立て
STEP4

金型発送・引き渡し

A弊社にて運送手配 B金型引き渡し
STEP5

確認・トライ

A弊社にてトライ B御社トライ時に
同席させて頂きます
Cトライなし
STEP6

完了

作業報告書をお渡しいたします

よくある質問

金型レーザー溶接肉盛りのポイントについて教えてください。

X軸Y軸を自在に動かしながら、形状に合わせた溶接をスピーディに行うことです。ワークサイズに合わせて出力を変えながら肉盛りを行います。また、溶接範囲に応じて出力を変えることもあります。太い溶接線で溶接をする際は出力が必要になります。細い溶接線の場合はそれほど出力が必要ありません。続きを見る

金型の肉盛り溶接を行う上際に使用する機械について教えてください。

当社で使用しているレーザー溶接機は下記でございます。 レーザー溶接機 ・ALPHALASER AL75 ・ALPHALASER AL150 こちらのレーザー溶接機の特徴としては溶接線が0.3~0.6㎜まで対応することができ、対応幅が広いことが挙げられます。(0.6㎜は溶接線としては太い) この特徴から点・線・面の肉盛りが可能です。続きを見る

金型の肉盛り溶接を実施した際の金型への影響にはどのようなものがありますか

肉盛の方法としては、レーザー溶接のほかにアルゴン溶接・TIG溶接などがあります。どちらも、対象物が高温になることで変形や変質を起こし、寸法や形状に狂いが発生することがあります。当社では、熱変異の少ないレーザー溶接を使用しております。続きを見る

一覧を見る