設計・製作・トライ・修理・メンテナンスまで、射出成形金型のことならどんなことでも依頼ください
お急ぎの方はこちらからお電話ください
0120-132-662
射出成形金型のプロ集団!
設計・製作・トライ・修理・メンテナンス
どんなことでもお任せください

金型よろず支援ネットのサービス

金型よろず支援ネットの
過去事例集

これまでにお客様からご依頼をいただき、金型よろず支援ネットにて実施した事例をご紹介いたします。
下記写真をクリックいただくと、修理・メンテ 金型作図・製作の写真とメリットについての詳細ページをご覧いただけます。

よくある質問

金型レーザー溶接肉盛りのポイントについて教えてください。

X軸Y軸を自在に動かしながら、形状に合わせた溶接をスピーディに行うことです。ワークサイズに合わせて出力を変えながら肉盛りを行います。また、溶接範囲に応じて出力を変えることもあります。太い溶接線で溶接をする際は出力が必要になります。細い溶接線の場合はそれほど出力が必要ありません。続きを見る

金型の肉盛り溶接を行う上際に使用する機械について教えてください。

当社で使用しているレーザー溶接機は下記でございます。 レーザー溶接機 ・ALPHALASER AL75 ・ALPHALASER AL150 こちらのレーザー溶接機の特徴としては溶接線が0.3~0.6㎜まで対応することができ、対応幅が広いことが挙げられます。(0.6㎜は溶接線としては太い) この特徴から点・線・面の肉盛りが可能です。続きを見る

一覧を見る

金型レーザー溶接肉盛りのポイントについて教えてください。

X軸Y軸を自在に動かしながら、形状に合わせた溶接をスピーディに行うことです。ワークサイズに合わせて出力を変えながら肉盛りを行います。また、溶接範囲に応じて出力を変えることもあります。太い溶接線で溶接をする際は出力が必要になります。細い溶接線の場合はそれほど出力が必要ありません。続きを見る

金型の肉盛り溶接を行う上際に使用する機械について教えてください。

当社で使用しているレーザー溶接機は下記でございます。 レーザー溶接機 ・ALPHALASER AL75 ・ALPHALASER AL150 こちらのレーザー溶接機の特徴としては溶接線が0.3~0.6㎜まで対応することができ、対応幅が広いことが挙げられます。(0.6㎜は溶接線としては太い) この特徴から点・線・面の肉盛りが可能です。続きを見る

一覧を見る

派出成形金型における「押し切り面」とはどのようなものですか?

「押し切り面」とは、金型の開閉方向に対して垂直な面でコアとキャビティが当たる面の事です。食い切り面だけの場合バリが発生しやすくなるので、押し切り面を形成することで金型が隙間無く閉じるためバリなどの不具合の発生を抑えることができます。金型の設計段階の検討が重要となりますので、射出成型金型の押し切り面でお困りのお客様は、一度当社までご相談ください。続きを見る

射出成形金型の製作の流れを教えてください。

金型よろず支援ネットを運営する株式会社モリヨシ技研の射出成形金型の製作の流れは下記でございます。 製品データ供給後見積り、受注、仕様打合せ、設計、作図、承認、製作開始、トライ、納品 当社は綿密な仕様打ち合わせを実施させていただきますので、お客様に安心してお取引いただくことができます。射出成形金型の製作でお困りの方や、ご検討中の方がおられましたら一度当社までご相談下さい。 >>お問い合わせはこちらから続きを見る

一覧を見る

金型の改造はできますか?

はい、金型よろず支援ネットを運営する株式会社モリヨシ技研では金型の改造を行うことができます。 当社では金型の図面がない場合でも改造を行うことが可能です。 製品形状が変わる場合としては、過去に製品の穴位置の変更やリブの追加・削除をしたことがございます。 製品の穴位置変更したいなど金型の改造でお困りの際は、お客様のご要望に合わせて当社で検討、対応させていただきます。 金型の改造に関してお困りの方、改造をしたいとお考えの方は一度当社までお気軽にご相談ください。 >>お問い合わせはこちらから続きを見る

一覧を見る

営業はどの地域まで対応していますか?

関東・東北を中心に、東海や北陸・信越の一部まで対応します。

機密保持契約はどのように締結していますか?

個別に対応させていただきます。

一覧を見る

日常点検動画

日常点検動画

最新情報、メールマガジン一覧