設計・製作・トライ・修理・メンテナンスまで、射出成形金型のことならどんなことでも依頼ください
お急ぎの方はこちらからお電話ください
0120-132-662

よくある質問

ホーム > よくある質問 > 作図・製作 > 金型製作はどれぐらいの重量まで行うことができますか?

金型製作はどれぐらいの重量まで行うことができますか?

当社では2.8t未満の金型については製作を社内製作が可能です。

2.8t以上の金型製作については当社の協力メーカーでの対応が可能となっております。
金型の重量に関して製作可能か検討、お悩みの方はまずは当社までお問い合わせください。

>>>お問い合わせはこちらから

関連Q&A

インサート成形は対応可能でしょうか?

はい、金型よろず支援ネットを運営する株式会社モリヨシ技研ではインサート成形は対応可能です。 金型のサイズによっては当社の協力工場にて対応させていただきますので、一度お客様のご要望を聞きながらご提案させていただければと思います。 インサート成形に関してお悩みの方、ご検討されている方は一度当社までご相談ください。 >>お問い合わせはこちらから続きを見る

射出成形についての技術相談はしていただけますか?

はい、金型よろず支援ネットを運営する株式会社モリヨシ技研では技術相談も承っております。 お客様が実現したい製品に合わせた金型を設計しご提案させていただくということを徹底しております。 当社には成型技術者もおりますので、成形に関する技術相談はお気軽にいただければと思います。 まずは当社までお問い合わせください。 >>お問い合わせはこちらから続きを見る

金型のパーツ加工は対応可能ですか?

はい、金型よろず支援ネットを運営する株式会社モリヨシ技研では金型のパーツ加工ができます。 当社では様々な金型パーツの加工を行うことができ、お客様のご要望に合わせて対応いたします。 また納期と費用に関してはお客様のご要望に合わせて当社で検討・ご提案させていただきますので、金型のパーツ加工をお考えの方は一度当社までご相談ください。 >>お問い合わせはこちらから続きを見る

他社で製作した金型の修理・改造は可能ですか?

はい、金型よろず支援ネットを運営する株式会社モリヨシ技研では他社で製作した金型の修理・改造を行うことができます。 当社では過去に、ワイパーブレードの金型修理を行った事例がございます。 こちらの事例は溶接肉盛りが厳しかったため、プレート状のものを作成しそれを欠けた部分に当てて溶接対応いたしました。 >>事例詳細はこちらから 他社で製作した金型の修理・改造についてお困りの方、お考えの方は、ぜひ当社までお気軽にご相談・お問い合わせください。 >>お問い合わせはこちらから続きを見る

金型の改造はできますか?

はい、金型よろず支援ネットを運営する株式会社モリヨシ技研では金型の改造を行うことができます。 当社では金型の図面がない場合でも改造を行うことが可能です。 製品形状が変わる場合としては、過去に製品の穴位置の変更やリブの追加・削除をしたことがございます。 製品の穴位置変更したいなど金型の改造でお困りの際は、お客様のご要望に合わせて当社で検討、対応させていただきます。 金型の改造に関してお困りの方、改造をしたいとお考えの方は一度当社までお気軽にご相談ください。 >>お問い合わせはこちらから続きを見る

金型のキャビティコアの形状は製作後に変更できますか?

はい、形状の変更は可能です。 ですが、製品のデザインの大幅な変更がある場合は金型の作り変えを行うことが一般的です。続きを見る

金型のキャビティコアとは何ですか?

一般的には金型の意匠面をキャビティ、裏側をコアと称します。また、成型機上では固定側がキャビティ、可動側がコアと称するのが一般的です。続きを見る

大型の金型の製作はできますか?

はい、当社では2.8t未満であれば製作が可能となっております。 当社では天井クレーンにより重量2.8tまでの金型製作を行った事例もございます。また、2.8t以上の金型製作については当社の協力メーカーにて製作も可能となっておりますので、大型の金型製作に関してお困りの際は当社までお問い合わせください。 >>>お問い合わせはこちらから続きを見る

どのような形状の金型の製造が得意ですか?

得手不得手は特にありませんが、複雑な形状のものや薄物・深物など何でも引き受けます。続きを見る

設計段階からの対応は可能ですか?

製品図面、製品モデルをもとに金型設計が可能です。